■■[広告] JEREV(ジュレブ)|自動車パーツをモチーフにしたジュエリー ■■

ホーム モトジムカーナ フロントブレーキパッド交換(SBS)
フロントブレーキパッド交換(SBS)

フロントブレーキパッド交換(SBS)

最終更新日 2022-06-20 by motokobi

はじめのひとこと

新型ジクサー150(ED13N)のフロントブレーキパッドをsbs 峠RSTに交換しました。デイトナのゴールデンパッドも候補でしたがsbsのコントロール性抜群の評判に期待しています。

目次

ご注意: ブレーキの交換作業の記事です。内容は作業に慣れた人が流れを確認出来る程度のものになっています。

リアパッド交換に続いて

フロントのブレーキパッドも交換しました。

期待すること

モトジムカーナにおいて、もう少しソフトなタッチでフロントブレーキが効いてくれるようになって欲しい

リアの交換だけでも十分な感じもしましたがフロントブレーキももう少し効いてくれた方が操作が楽になり、楽になると正確性も上がると期待しての交換です。

リアのみではなくフロントのコントロール性の重要性も感じます。

先に行ったリアパッドの交換はこちら

フロントブレーキパッドもsbsに

フロントブレーキはデイトナゴールデンχも候補でしたが、品番検索しやすくて分かりやすく既にリアでも使って良い感じだったこともあってリアに続いてフロントも sbs にしました。

sbs の中での候補

sbsのブレーキパッドの種類としては「」「街EX」「」のシリーズがジクサー150用のパッドとしてラインナップされていました。

ポイント
  • sbsは世界シェア No.1
  • sbsは北欧デンマークの会社
  • 初動から最大まで制動力が一定でコントロール性抜群が特徴
  • ジクサー150でも純正同等から2段階(?)グレードアップまで複数の種類の中から選べる
  • 「このパッドは純正同等」「純正からのグレードアップ」の表示で選びやすい
  • 「街EX」「峠」のタイプはシンタードメタル

「シンタードメタル(sintered metal)」とは「焼結合金」のことですね。

リアブレーキパッドの交換時にも掲載しましたが sbs のパッドの候補はこのようになっています。

■■フロント■■No.街EX
全年式951HFHSRST
(今回のフロント用)
■■リア■■No.街EX
2019年以前915HFSI
2020年以降675HFLS
(装着しているリア用)
イメージ純正程度
(梅)
より効く
(竹)
より効く
(竹)
さらに効く
(松)

ラインナップが松竹梅的で分かりやすいです。

峠シリーズRSTに決定

リアは街EX 675LSです。フロントの効きを上げる場合の候補としては 街EXシリーズ HS峠シリーズRST ですが、まずは一番効きの良いものにしてみようということで今回交換したのは sbs峠シリーズ 951RST です。

sbs 峠 951RST

(今回装着)
sbs 街EX 951HS

(別の候補)

効きすぎにならないか少し心配ですが触っただけでいきなりフロントロックするようなことは無いと思います。

交換作業

1. ピストン戻し(失敗)

他の方のウェブ情報でリザーブタンクのキャップを開けてキャリパーを押すとピストンが戻ると書かれていたので試してみましたがびくともせず。リアは ABS 無しのジクサー150でなので簡単に戻りましたが、フロントはABSの影響かこの方法では自分はうまく出来ませんでした。

 

楽はできませんでした。無理をするとブレーキディスクが歪む心配があります。

2. キャリパー取り外し

ホイールセンサーを取り外してからキャリパーボルト2本を取り外します

3. パッドピンを押し込んでパッド取り外し

クリップを2個取り外してパッドピンを押し込んでパッドを取り外します。

パッドスプリングが落ちてきます。

4. ピストン押し戻し

そのままだとピストンが飛び出ているので、元のパッドを敷き物にしてピストンツールでピストンを押し戻しておきます

5. 新旧の比較

フロントはそれほど減っていませんでした。

6. 新パッド装着

取り外しと逆手順で新しいパッドをつけていきます。

(写真のクリップの向き間違ってます)

7. 仕上げ

ブレーキを握ってパッドをブレーキディスクに密着させます。

交換後の効果

しばらく走っているとだんだんと効きが良くなって来ました。リアの感じと同じで、純正よりパッドがブレーキディスクの金属に吸い付いているような感じのフィーリングになりました。

その後…

フロントブレーキがよく効くようになった反動なのかブレーキかけ始めのフロントフォークの沈み込みが気になるようになってしまいました。思い起こせば純正パッドの時も似たような印象だったのがよりハッキリ感じられるようになってしまった感じです。

参加者の方のバイクに乗らせてもらいましたがフォークの沈み込みの感じが全く違います。フォークのオイルの番手変更を考えたくなりました。

 

これは沼の入り口のような気が…

その後フォークオイルの交換をしました。

ブレーキの鳴きについて

街乗りではほとんど鳴きません。よほど急ブレーキをかけた時に停止直前あたりでかなり大きな鳴きが発生することがあります。しばらく乗っているとそれも余り起きなくなっているような感じです。

モトジムカーナではゴール時に盛大にブレーキ鳴きが発生することがあります。

まとめ

新型ジクサー150(ED13N)のフロントブレーキパッド交換についてでした。

まずは一番効きの良さそうなものということでsbs峠 951RST に交換しました。

最初の効きはじめから純正より効く感じで純正のようにラフに操作するとかなりギクシャクしてしまいます。要練習です。

純正の時も十分ギクシャクしてた

今回装着したフロントブレーキパッド
sbs峠RSTシリーズ 951RST


■■■広告■■■
JEREV(ジュレブ)|自動車パーツをモチーフにしたジュエリー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA