■■[広告] JEREV(ジュレブ)|自動車パーツをモチーフにしたジュエリー ■■

ホーム バイク全般の話題 2021年版スクーター全車種トランク容量ランキング
2021年版スクーター全車種トランク容量ランキング

2021年版スクーター全車種トランク容量ランキング

2021-11-13 0 投稿者: motokobi

最終更新日 2021-12-15 by motokobi

はじめのひとこと

スクーターに乗ったことがありませんでしたが、たまたまマジェスティ250、トリシティ125にしばらく乗る機会があって少しスクーターにも興味を持ちました。

なんと言ってもマジェスティ250は発売当時のビッグスクーターの特徴でもある60Lもの大容量シート下トランクがあり本当に便利でした。

2021年に発売されているスクーターのトランク容量はどのようになっているのか気になったので125cc以上の全てのスクーターを調べた結果をランキングにしてみました。(2021年11月調べ)

(個人的に調べた結果なのでピックアップミスなどあるかも知れませんが悪しからず)

ランキング一覧

トランク容量の大きい順に一覧表にすると2021年の現行バイクではこのようになりました。

(2021年11月調べ)

Rankメーカー車名排気量容量(L)ABS税別備考
1HONDAフォルツァ24948前後599,000TCS
2YAMAHAXMAX ABS24945前後595,000TCS
3YAMAHAトリシティ300ABS292453輪870,000
4SUZUKIバーグマン400ABS39942前後770,000TCS
5YAMAHAアクシスZ12437.5225,000
6HONDAリード12512437290,000
7YAMAHAマジェスティS15532345,000
8YAMAHATMAX560561(*1)前後1,160,000TCS
9HONDAPCX16015630370,000TCS
HONDAPCX12430325,000TCS
11YAMAHAシグナスX12429305,000
12HONDAADV15014927410,000
13SUZUKIバーグマン200ABS199(*2)前後519,400TCS
14YAMAHANMAX155 ABS15524前後350,000TCS不明
15YAMAHAトリシティ155 ABS15523.53輪440,000
YAMAHAトリシティ125 ABS12423.53輪420,000– (*3)
17YAMAHANMAX ABS12423前後335,000TCS,Y-Connect
18SUZUKIアドレス11011220.6205,000

*1 数値不明.写真判断で30L強程度か?

*2 数値不明.写真判断で30L弱程度か?

*3 ABS無しは 385,000円

以下、第1位から順番に紹介していきたいと思います。紹介内容は各社の製品のホームページの抜粋と印象について書いています。残念ながら実際に試乗した感想ではありません。

第1位 HONDA フォルツァ250

Rankメーカー車名排気量容量(L)ABS税別備考
1HONDAフォルツァ24948前後599,000TCS

2021年トランク容量ランキングの第一位は、HONDA フォルツァでした

HONDA フォルツァのホームページはこちら

キャッチフレーズは「Go with Smart Tourer」。「力強く加速し、伸びやかに駆け抜ける eSP+エンジン」搭載。自然体のライディングポジションを追求し、180mm無段階調整可能なウインドスクリーンを装備したツアラースクーターです。

HONDAホームページより

第2位 YAMAHA XMAX ABS 250

Rankメーカー車名排気量容量(L)ABS税別備考
2YAMAHAXMAX ABS24945前後595,000TCS

第二位はYAMAHA XMAX ABS でした。

YAMAHA XMAX ABS のホームページはこちら

キャッチフレーズは「走りとスタイルのクロス。血統と革新のクロス。」。「所有する誇りを満たす、個性あるスタイリング」、フロントフォークは正立型フォークをアッパーとロアブラケットで保持する通常のバイクと同じ構造で自然なハンドリングを実現。ライダーに合わせてハンドルポジションやウインドシールドの位置の調整が出来る、スタイルと快適さを備えたスクーターです。

YAMAHホームページより

第3位 YAMAHA トリシティ300 ABS

第三位はYAMAHA トリシティ300 ABS でした。

YAMAHA トリシティ300 ABS のホームページはこちら

Rankメーカー車名排気量容量(L)ABS税別備考
3YAMAHAトリシティ300ABS292453輪870,000

キャッチフレーズは「私には、私の流儀がある」。フロント二輪の超絶安定バイクの最大排気量車です。停車時に自立するスタンディングアシストを装備し、足元の狭さもこのサイズになってかなり改善しているのではないかと期待します。

YAMAHAホームページより

第4位 SUZUKIバーグマン400 ABS

第四位はSUZUKIバーグマン400 ABS でした。

SUZUKIバーグマン400 ABS のホームページはこちら

Rankメーカー車名排気量容量(L)ABS税別備考
4SUZUKIバーグマン400ABS39942前後770,000TCS

「パワフルなエンジン、軽やかな操縦性能」から生み出す優雅な走り。「厚いシートに調整可能なバックレスト。イモビライザーや車体横のチェーンロック用のゲートなどを備えた、快適な乗り心地と最高レベルの実用性」のスクーターです。

SUZUKIのホームページより

第5位 YAMAHAアクシスZ

第五位はYAMAHAアクシスZ でした。

YAMAHAアクシスZのホームページはこちら

Rankメーカー車名排気量容量(L)ABS税別備考
5YAMAHAアクシスZ12437.5225,000

キャッチフレーズは「“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”を両立させる“BLUE CORE”エンジンを搭載した125ccスクーター」です。クラスを超えた666mmのロングシート、車両重量100kgと疲れにくい快適スクーターです。

125ccまでのスクーターの中ではライキング第一位のトランク容量です

YAMAHAのホームページより

第6位 HONDAリード125

第六位はHONDAリード125でした。

HONDAリード125のホームページはこちら

Rankメーカー車名排気量容量(L)ABS税別備考
6HONDAリード12512437290,000

キャッチフレーズは「STYLISH & FUNCTIONAL」です。日常使いが快適になるような、走り、燃費、乗り心地、トランクを備えた日用スクーターです。

HONDAのホームページより

第7位 YAMAHAマジェスティS

第七位はYAMAHAマジェスティSでした。

YAMAHAマジェスティSのホームページはこちら

Rankメーカー車名排気量容量(L)ABS税別備考
7YAMAHAマジェスティS15532345,000

キャッチフレーズは「この表情が、魅了する。」です。ライディングポジションの自由度の高いシートと形状と硬さを考えられたタンデムシートを備えたスタイリッシュスクーターです。マジェスティ250が本当に快適だったので排気量の大きなマジェスティにも期待したいです。

YAMAHAのホームページより

第8位 YAMAHA TMAX560

第八位はYAMAHA TMAX560でした。

YAMAHA TMAX560のホームページはこちら

Rankメーカー車名排気量容量(L)ABS税別備考
8YAMAHATMAX56056130L強?前後1,160,000TCS

キャッチフレーズは「贅を知る、大人に。」です。贅沢スクーターという感じでしょうか。

トランク容量は数値が公表されていなかったので写真からの想像です。

YAMAHAのホームページより

第9位 HONDA PCX160/PCX

第九位はHONDA PCX160とPCXでした。

HONDA PCX160/PCXのホームページはこちら

Rankメーカー車名排気量容量(L)ABS税別備考
9HONDAPCX16015630370,000TCS
10HONDAPCX12430325,000TCS

キャッチフレーズは「Wakp up Emotion」です。インプレ記事ではかなりの高評価なバイクと思いますが、トランク容量ランキングでは9-10位となりました。

2018年10月からのABS/CBS必須化に対応して、ABS を搭載した 125cc バイクでは最大のトランク容量を持つのがこちらの PCX ですね。

HONDAのホームページより

番外編 HONDA Gold Wing Tour

番外編としてHONDA ゴールドウィング ツアーもあげなければいけませんね(?)。

HONDA Gold Wing のホームページはこちら。

Rankメーカー車名排気量容量(L)ABS税別備考
番外HONDAGold Wing Tour1,833121前後3,150,000TCS

(カタログからTCSは確認できませんでしたが、2018年モデルにはついているようなので2021年新型にもついていると思われます)

キャッチフレーズは「WHAT LIES BEYOND」。このバイク説明はもう不要ですね。ゴールドウイングにはリアトランク付きの Tour とリアトランクレスがあるようです。国内最大のビッグスクーター(?)。

HONDAのホームページより

おわりに

11位から18位はページの最初に掲載したランキング一覧のようになっています。

ビッグスクーターブームの頃とは違い、おそらく排ガス規制やABS必須の影響でトランク容量を取りづらくなったのか 60L クラスのトランクを持つ新型のバイクは現在は発売されていないようです。

購入してしまえばリアボックスを装着するなどしてさらに容量を増やすことも可能なのでそれほど残念でも無いことかも知れません。実際、多くのスクーター乗りはリアボックス装着していますね。

125cc クラスでは、ABS に対応してないバイクがトランク容量的には上位に来ていますが、いずれ廃盤となるでしょう。

ABSにいち早く対応した PCX や、前後ABSに加えアジアでは既にメジャーとなってきているスマートフォンと連動出来る Y-Connect を装備した NMAX のような最新バイクも少しずつ出て来ているようです。

いま選べるスクーターの中からスタイル、安全性、燃費、そしてトランク容量をあれこれと見ながら検討するのも楽しいですね。


■■■広告■■■
JEREV(ジュレブ)|自動車パーツをモチーフにしたジュエリー