■■[広告] JEREV(ジュレブ)|自動車パーツをモチーフにしたジュエリー ■■
■■[ほぼ広告]「 REQFUL(レキュフル)」バイク乗りにピッタリなミニ財布を使ってみた■■

ホーム 投稿 メンテナンス オイル交換 2021年8月28日オイル交換2回目
2021年8月28日オイル交換2回目

2021年8月28日オイル交換2回目

2021-08-28 4 投稿者: motokobi

最終更新日 2022-01-26 by motokobi

はじめのひとこと

新型ジクサー150(ED13N)のオイル交換をしました。1,000km点検でMOTUL 3100 4T に交換。今回 2,000kmで MOTUL 7100 4Tにしました。同時にジクサー純正の変わった(ショボい)ドレインボルトもデイトナ製に交換しましたがサイズ間違いの失敗もしてしまいました。

目次

オイル交換2回目をしました

1,000km点検でオイル交換をしました。まだその後 1,000km程の走行ですが練習で少しエンジンをぶん回す(?)こともあるので早めのオイル交換をしました。

取扱説明書

オイルの交換サイクル。初回後は3,000kmまたは1年ごと。フィルターは9,000kmごと。

余り頻繁に交換するのは環境に悪いのではないかと思いつつ、オイル窓からオイルを見ると少し違う感じに濁っている感じなのも気になっていたので念の為にも交換しておこうと思いました。

多少悪そうに見える状態で練習したとしても1,000km走った程度のオイルの劣化が原因でエンジン壊れるということは無いとは思いますが…

選んだオイルはMOTUL 7100 4T 10W-40

1,000km点検でバイク屋さんが MOTUL 3100 4Tを入れていたので同じ MOTUL のなかから少し良いものを、と考えて MOTUL 5100 4TMOTUL 7100 4Tが候補になりました。

取扱説明書

スズキ純正オイル 10W-40 MA2

Amazon で見ると 5100 4T と 7100 4T の価格差が無かったので 7100 4T をまとめ買いすることにしました

粘度は純正と同じ 10W-40です。

カタログを確認すると成分はMOTUL 3100 4T, 5100 4T が「テクノシンテーゼ = 部分化学合成」、MOTUL 7100 4Tは「100%シンセティック = 100%化学合成」のようです。

3100 GOLD 4T5100 4T7100 4T
部分化学合成部分化学合成100%化学合成
API SLAPI SMAPI SN
JASO MAJASO MA2JASO MA2
レッドな感じアンバーレッド

交換したオイル MOTUL 7100 4T 10W-40

モチュール(Motul)
¥3,025 (2024/06/16 08:07時点 | Amazon調べ)

交換作業の記録

特に変わったことの無いオイル交換作業なのですが、久々のバイクのオイル交換、ついでにドレインボルトの交換、さらに初めて使うオイルということで少し新しい体験をすることになりました。

作業の手順はこのような感じでした。

珍道中

ドレインボルトを交換しようとしたら…

ジクサーのドレインボルトはタダの六角ボルトみたいなのがついているので、普通のフランジが付いてるドレインボルトに交換しようと思いました。M10 x P1.25 という情報だったのでそれらしいものを買ってきたのですが…

買ったドレインボルト

M14x10 って6角が M14 でボルトが10mmなのかと思いきや…

比べてみると

並べてみると全く違いました。というが…見るからにボルト部分が M10 より太いから買う前に気づくだろ?と小一時間…

正しいドレインボルト

ワッシャーもついていました。

比べてみると

良い感じです。

オイルボトルの開け方

輪っかをつまんで無理っと引っ張り上げたわけですが…

実は輪っかを半分剥がしたら回して開けるのが正しい開け方でした。そのままオイルを注ごうとしたのですが、微妙につかいにくく…

と思ったら….

うまく無理っと引っ張り上げるとびろろーんと伸びます。

ひと言

輪っかがチギレたという話を見聞きしたのでコツと思う点を書いてみます。

  • 画像に記入した黄色の矢印部分以上に輪っかを剥がさない
  • 輪っかに棒を通して様子を見ながら引き上げる

 

ご健闘ください

バイクの口はおちょぼ口

フィラーキャップ外して車と同じようにオイルファンネル(別名ペットボトル)を差し込もうとしたら予想外におちょぼ口で入らず。気合いでこぼれないように入れました。

交換完了

ということで、意外と色々ありながらも交換しました。これでしばらく安心して乗れます

新しいオイルめっちゃ綺麗でうれしい

カートでお世話になった Akimo の 2st オイルを混合した時のようなピンク色のオイルでした。

窓から見た時になんかおかしいかもと思ったのは、オイルは茶色い物と思っていたので劣化した時の色として予想外だったのだと思います(元入っていたのはバイク屋さんが入れたMOTUL 3100)

その後オイル減ってる疑惑発生?

気づいたら微妙に減っているような気がします

 

ここから長い長いオイル探しの旅が始まります。

これについてはこちらからどうぞ。

次回のオイル交換の記事はこちら


■■■広告■■■
JEREV(ジュレブ)|自動車パーツをモチーフにしたジュエリー